towel-white.com towel-white.net towel-white.info 会社概要  利用案内 お問合せ プロフィール

道後温泉本館

0
    私は今治に行ったとき、いつも松山のホテルに泊まります。
    初めて今治行ったとき、松山は隣町、すぐ近くだろう、と、思ってました。

    地図をしっかり見ればよかった。
    今治と松山は40キロ位あります。
    40キロって、約1時間、しかも、昨夜は徹夜で運転。
    なかなか遠いです。

    だけど、2回目以降も松山のホテルに泊まってます。

     私がタオルソムリエになって良かったこと(仕事以外)の一つに今治に行ったとき松山に泊まって道後温泉本館でお風呂に入ることです。
     しかも、私、温泉に行くとき、いつも、私の顔を印刷した黒色のMy towelで入浴します。
    日本書紀にも登場する歴史のある温泉に自分で作ったタオルで入浴、私にとって最高の贅沢ですね。
     自宅から650キロも離れたこんな素晴らしい温泉に1年に1、2回入れるなんて。。


     今治から山道を通って松山に向かうと、市内に入るちょっと前に道後温泉があります。でも、道後温泉本館の近くに駐車場はありますが、必ずホテルについてから路面電車(150円)で向かいます。終点、道後温泉で電車を降りると商店街を約5分歩くと風格のある道後温泉本館に到着します。

     道後温泉の入浴料は大人400円、子供150円、22時30分までに入らなければいけません。路面電車とお風呂代を合わせても700円。う〜ん、最高の気分。
     路面電車の最終は22時10分、21時55分に道後温泉本館を出て駅に向かい22時の駅前のからくり時計を見て、駅前のローソンで紙パックに入ったポンジュースを1本。紙パックがこだわりです。ペットボトルだったらどこでも飲めます!

     究極の幸せ気分です。後はホテルに帰って昨夜の徹夜の疲れを癒すだけです。


     私、旅行が好きで旅行会社の社長さんとも個人的にお付き合いがあります。その方とお話しすることの一つですが松山で道後温泉に宿泊することが「良い」か「悪い」かです。
    私もいくつかの団体に所属させていただいておりますが、旅行と食べることが好きなので研修旅行等を担当させていただいたりすることが多いです。道後温泉に宿泊したことは何度もあります。しかし、旅館・ホテルのお風呂に入りますが道後温泉本館に入ってもらえません。「行こうよ」と、誘ってもほとんど入ってもらえません。旅行会社の社長さんも同じ考えをお持ちでした。旅館のお風呂も入ればいいと思いますが、松山に来たなら道後温泉本館に入らなければ。。。はっきり行って、まったく別物です。

    社長さんは私に、「道後温泉本館に行きたかったら、市内のホテルのほうがいいよ。夕食食べにでた帰りに路面電車で道後温泉本館に向かうから。」
    なるほど、確かにそうだ。

    本町四丁目若連中 布市神社秋季例大祭奉納獅子舞

    0
      本日は布市神社秋季例大祭奉納獅子舞が秋晴れの中、無事に行われました。
      今朝、5時30分に四丁目会館集合、6時に子供たちが野々市小学校に来ます。
      それまでに荷物を運び準備しなければいけません。眠かった!!

      7時30分、準備を終え、親方が御神酒を獅子頭にかけ、錦帯前(けんたいまえ・獅子頭を操る人・私はココです)でラッパで回し飲みし、出発いたしました。

      まず、小学校横の小児科、実は前回(2年前)、ここで私はぎっくり腰になりました。
      前回、スタート直後のいきなりのぎっくり腰、
      今でも、皆さんによく言われます。
      でも、今回はもちろん、無事通過です。

      今年は野々市町が野々市市になり始めてのお祭り、本町地区の3つの獅子と神輿が集まり盛大に行われています。
      13時に野々市市公民館前で4町が集まり、「四町合わせ」が行われました。獅子頭の左側で腕を組んでるのが私です。
      私は12年前、2000年のとき、親方を経験しました。この四町合わせは、その時、他の親方と居酒屋で飲んでいるときに始まったイベントです。ですから、何度経験してもこのイベントは私にとって感動します。我々の獅子頭はこんなに大きい獅子頭です。


      夜になって本町四丁目の獅子は布市神社から旧北国街道(通称本町通り)を通って本町四丁目へ向かいます。
      布市神社前で、投光器で照らし大人が踊りを披露します。
      神様の前で踊るわけですから獅子舞の最高の舞台の一つです。
      私も12年目、薙刀で踊りました。
      ここから雰囲気が変わります。
      暗い中、投光器で照らした舞台はかっこいいです。
      北陸信用金庫野々市支店前で本町3丁目(旧:中町)と合わせ
      鶴来街道を横切り四丁目に入ります。

      いよいよ、ウチの前です。振り子は私の長男が薙刀を振ります。もちろん、獅子頭は私が操ります。子供の踊りはいつもと違い、突くとき1回のところ3回突いてきました。私が2000年に親方をしたとき、お腹の中にいた子がこんなに大きくなったんだ〜。そう思いました。
      「西」というのは旧町名で本町四丁目を「西町」と呼んでたからです。


      ウチの子に保育園の頃からの親友二人がいます。その二人も参加していますし、その親も錦帯前として参加しています。
      一人は小柄な子です。その子は市のスポーツ少年団の柔道に所属しています。踊りを見ているとスピードがあった。
      一人は肉付きのいい子です。(太っているわけではありません。ヒョロヒョロでもなくきれいな体格です。)この子は少年野球をしています。体の柔らかさがでていました。
      ウチの子も同じ体格で、身長もあります。スポーツ少年団で剣道をやっています。かまえがきれいに見えました。

      小さい頃から知っている3人が3人とも、それぞれの個性を出したスポーツをし、町内行事の獅子舞で伝統を遊びながら覚え、それぞれの個性を出した踊りを披露してくれました。3人とも声が大きく、3人とも元気よく、よくがんばっていました。獅子舞が終わった後、3人は一緒に我々の打ち上げの隣の部屋でお弁当を食べ3人の打ち上げをしていました。頼もしく感じる3人でした。
      本来、ウチの子は中国のシンセンの小学校に交流に行き今夜帰ってくる予定でした。しかし、先日、中止になったため獅子舞に参加することができました。シンセンに行かせたかった、子供も行きたかった気持ちはもちろんありますが獅子舞に参加できたことはすごくよかったと感じました。

      無事、みんな怪我もなく、私もぎっくり腰にならず、秋晴れのよい天気に恵まれ、よい秋の1日でした。
      明日からは筋肉痛との闘いの始まりです。



      明日は地元のお祭りです

      0
        明日、野々市ではお祭りがあります。
        本町1丁目、本町3丁目、本町4丁目が獅子舞を、本町2丁目が野菜みこしで野々市本町を廻ります。
        私は現住所は野々市市三日市ですが生まれ育った町内は本町4丁目なので「本町4丁目獅子舞」に参加します。

        我々の獅子舞とは獅子の頭(かしら)に巨大な胴体(蚊帳・かや)を付け、町内を廻り、各々の家の前で子供たちが棒(ぼう)、薙刀(なぎなた)で獅子を退治する踊りを披露します。また、要所要所では大人(若い人)が棒、薙刀、太刀(たち)で踊りを披露します。

        本日は午後6:30に本町4丁目会館に子供たち、付き添いのお母さん方、若衆、錦帯前(けんたいまえ・獅子を操る人)が集まり、近所の布市神社で明日の獅子舞をお参りしました。

        お参りの後、会館に戻り、子供たち、お母さん方に明日の段取りと「しゃんが」を渡し解散しました。「しゃんが」とは、踊りを披露するとき振り子の頭に付ける、白、または黒の馬の毛でできたカツラ?の様な衣装です。

        大人とウチの子、錦帯前は明日に向け1回づつ練習しました。
        私は錦帯前として参加、ウチの子(小学校6年生)は棒と薙刀を披露します。

        前回(2年前)、私はスタート直後、ぎっくり腰になり、皆様にご迷惑をおかけいたしました。
        明日は無事に参加できる様、がんばります。

        本町四丁目会館で明日の準備中の獅子頭
        でかくて、重く、勇ましい顔つきのメスの獅子頭です。
        獅子頭は必ず夫婦(めおと)で旦那(?)さんは金沢市米泉にいます。

        道の駅メルヘン小矢部

        0
          今日は富山県のお客様を廻ってきました。
          野々市を出発し森本から南砺市へ、そして夕方小矢部市を廻りました。

          電気自動車に乗ってて富山県ってすごく便利なんです。
          富山県って電気自動車の急速充電器が多いんです。
          その中でも私にとって一番便利なのが国道8号線の石川県との県境の近くにある
          「道の駅メルヘン小矢部」です。

          電気自動車に乗ってて一番気になるのが充電。
          ガソリンと違って
          「少なくなってきたから給油しよう!」と、いうことは
          電気自動車の場合できません。



          だから、ある程度計画的に充電しなければいけません。
          道の駅メルヘン小矢部は自宅から約40キロ、1時間の距離です。
          ですから、富山県を廻ったときはメルヘン小矢部によって約20分の急速充電。
          そしてこの道の駅には足湯があり、ここで10分程休みます。
          私のホッとする時間です。
          夕方、山代温泉のお客様から電話がありました。
          来週末、タオルを配達して欲しいということです。
          来週末は、また先日の山代温泉古総湯に入れるかな?

          道の駅では、よく農産物も売っています。
          アケビを見つけました。
          中学3年の娘が食べたいと言ってたのを思い出し買ってきました。
          お店の人は2、3日後に食べてねと言っていました。
          今から楽しみです。





          山代温泉古総湯に入ってきました

          0
            本日、石川県加賀市のお客様と別注タオルの件で商談いたしました。
            野々市市から国道8号線を福井県方面に約1時間、距離では約50キロ。
            私は電気自動車(三菱ミニキャブ・ミーブ)に乗っています。
            この車は軽ワゴン車の電気自動車でカタログ値でフル充電で150キロ走行できます。
            実際はエアコンなしで約130キロ走行できます。
            単純に往復するだけで約100キロ、微妙な距離です。
            しかも、石川県南部って三菱や日産のディーラー以外、充電器がありません。
            でも、加賀温泉に日産のディーラーがある。
            何とかなるだろう!
            その気持ちで出発いたしました。

            約1時間後、加賀市のお客様の会社に到着。
            車の残りの電気は半分以上、充電せずに帰れそうだったので安心いたしました。

            お客様と商談後、帰りに加賀温泉の山代温泉を通りました。
            加賀温泉は山代温泉、山中温泉、片山津温泉があり、それぞれ特徴が異なります。

            もちろん、タオル屋なのでいつでも温泉に入れるよう、車に自分用のタオルを入れてあります。
            山代温泉にある、ふらっと立ち寄れる温泉に古総湯があります。
            山代温泉古総湯

            この温泉って洗い場がなくお風呂につかるだけなんですが、天井が高く、外からほのかに風が入り、木造で気分的にゆったり入れるから好きなんです。
            私、温泉のお客様も多く、いろいろな地域で温泉に入ってきますが、
            お風呂に入りながら自分のタオルをゆっくり眺める。
            この仕事でよかったと思うひと時です。

            野々市に帰ってきますと、電気自動車の電池は残り20キロでした。
            電気自動車で加賀市まで無充電で往復することができました。

            ゴミ箱もらいました

            0
              本日、ゴミ箱をもらいました。
              タオルを扱っていると中国・ベトナムからのダンボールの中にある汚れ防止のビール袋、糸くず、メモの紙くず、ゴミって多いんです。
              しかも、市販の小さいゴミ箱ってすぐいっぱいになるし、作業中に捨てにくいです。
              それで、知り合いの方に会社設立のとき、「何欲しい?」と聞かれたとき、

              「ゴミ箱」と答え、PPバンドで作ったゴミ箱をお願いしました。
              私は何気なくPPバンドとお願いしましたが、
              PPバンドってダンボールを梱包するときのビニールの平たい紐です。
              もちろん、新品を使うってもったいないので、廃物を集めなければいけません。

              しかも、余暇の時間を使ってちょっとづつ、そして待つこと数ヶ月、、、
              ついに完成しました。

              直径 約60cm
              高さ 約55cm

              でっけー、一目見た感想でした。

              どうもありがとうございました。
              大切に使わせていただきます。

              【タオルホワイト2000】をオープンしました。

              0
                本日10月1日(月)、【タオルホワイト2000】をオープンいたしました。

                今まで業務用タオルの【タオルホワイト】を営業しておりましたが、
                【タオルホワイト2000】は配送方法が異なり、

                タオルの量は基本的にタオル5ダース(60枚)単位、バスタオル1ダース(12枚)単位で、
                2000匁相当までを日本全国(北海道・沖縄県・離島を含む)代金引換手数料込みで1050円で発送いたします。

                ですから日本全国一律のサービスで、
                タオル代金の他、タオル代金の消費税、送料代引き手数料1050円で発送いたします。

                運送会社は佐川急便、クロネコヤマト、ゆうパックを利用いたします。
                運送会社はお届け先の地域、業務用タオルの量、ご注文をお受けしたお時間によって、スピーディーにお届けできる様に弊社で決めさせていただきます。

                基本的に平日のお昼12時までにご注文いただいた業務用タオルを即日出荷いたしまして、
                北は青森県から本州全域、四国全域、九州は福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県と離島は佐渡島に翌日お届けいたします。
                北海道、宮崎県、熊本県、沖縄県の方は翌々日のお届けです。

                2000匁とはどの位の量を発送できるかというと一例といたしまして【タオルホワイト】の

                【FT-104】200匁30番手双糸業務用スレンカラータオルだと10ダース(120枚)、

                【BT-103】1000匁30番手双糸業務用スレンカラーバスタオルだと2ダース24枚、

                【BT-106】2000匁30番手双糸業務用長特大バスタオルだと1ダース(12枚)

                発送できます。

                また、一部例外的にダンボールにスキマなく梱包できるタオルは2000匁相当以上発送できる業務用タオルもあります。

                これだけの枚数だと、小規模の理美容店様、接骨院様、整骨院様、マッサージ店様、エステサロン様が一回でご注文されるのに十分な枚数ですのでご利用くださいませ。

                今後、ドンドン、取り扱いのアイテムを増やしていき、温泉用の透明袋に入ったタオル等も取り扱う予定でございます。

                【タオルホワイト2000】 http://www.towel-white.netは、北海道・沖縄県・離島を含め日本全国一律のお得な送料で発送いたしますので、どうぞ、ご利用くださいませ。


                ブログの更新ができない

                0
                  ブログの更新がまったくできなかった。

                  ブログを更新してる人を見ると、本当に頭が下がる。
                  そういった方の時間配分を、ぜひ知りたいものです。

                  私の場合、新しく会社を作ってから特に時間が足りないと感じるようになった。
                  私の時間配分だが、ルーチンワークを終わらせると、残った時間、全力でやりたかった仕事をやってしまう。

                  だから、仕事が終わったとき、それは、夜中だったり、体力的に限界に近い状態(眠くて起きてられないetc)だったり、一つ一つ、仕事を終了させていかないと気がすまないタイプなんだろう。

                  今度から途中でも時間を区切り、違う仕事もやってみよう。


                  ところで、昨日の夜、子供(小学校6年・長男)の学校の校長先生から電話があった。校長先生とはPTAの役員をさせていただいている関係で、よくお会いしていますが、携帯に電話を頂いたのはたぶん初めてなので緊張しました。

                  野々市小学校では、以前より、中国シンセンの小学校と交流があり、1年ごとに訪問したり訪問されたりしている。私の子供の頃、このような交流がなかったが、ウチでは、妹が昔、シンセンを訪問し、ウチの子(長女・現中学三年)も参加させていただいたり、また、ウチにもシンセンより小学生のホームステイ先として受け入れをしたり、私にとっても興味のある行事の一つで、今年は長男が参加させていただくことになり、私もウキウキしておりました。

                  それが、先日よりの中国の報道、40周年記念式典の中止を受けて、昨日、今年度は中国シンセン訪問を中止するという内容のものでした。

                  野々市市の野々市小、冨陽小、舘野小の5・6年生12名、夏頃から、訪問したときに発表する演奏、踊り、いろいろ練習していたのに、理由が理由とはいえ、かわいそう。
                  ウチの子は、せっかく一人でパスポートも取りに行ったのに。

                  私も昔、ヨーロッパで似たような経験をしたことがあり、昨夜、子供と、普段、まったく気にしないけど日本という国の良さを話していました。
                  また、子供にとって行けなかった経験をすることで、日本という国の良さを感じるきっかけになったような気がしました。
                  その様に考えると、行けなかった事も子供にとって無駄ではなかったと感じました。

                  野々市じょんからまつり

                  0
                    野々市市では昨日の7月28日(土)と本日29日、野々市市文化会館フォルテ周辺で第31回野々市じょんからまつりが開催されています。

                    株式会社リーマはまだ野々市市商工会に加盟していませんが、先日までいた会社ではもちろん加盟しております。
                    私も青年部で10年以上じょんからまつりで商工会青年部テントで焼きそばを焼き続けておりました。

                    今年度は今まで2枚の鉄板で初日1400、2日目1000の合わせて2400食のところ、
                    鉄板を1枚増設し、初日2400、2日目1600の合わせて4000食を目指しました。

                    焼きそばを焼く人員がいないということなのでOBとして
                    昨日はお昼から焼きそばを焼く手伝いに行ってまいりました。
                    かつての仲間から、
                    「新しく作った会社どう?」
                    「今度、発注するね。」とか、うれしい言葉をかけていただきました。

                    商工会の青年部の方、女性部の方、本会の方、事務局の方、本当に大切な仲間だと思いました。

                    そういえば、
                    会社設立の相談したのも事務局の方、
                    会社の場所を相談したのは幼馴染で青年部同期の友人、
                    電気工事をしていただいたのは青年部の後輩、

                    市役所で税について相談したのは小中高で同級生だった友人、

                    その他、知ってる地域の方のおかげでスムーズに開業することができました。
                    これからも、野々市を大切にしよう。

                    では、本日も焼きそばを焼きに行ってきます。

                    株式会社リーマ

                    0
                      今まで私は父親の会社の一部門で業務用タオルの販売をしておりましたが、
                      先日、独立し「株式会社リーマ」を設立いたしました。

                      5月6日、ゴールデンウイークの最終日の午後、父親からいきなり会社作って独立しろと言われました。
                      今まで「会社を設立」するなんて考えてもなかったので、それからドタバタが始まりました。

                      「場所はどこが良いか?」
                      「社名はどうしようか?」
                      「法人?個人?」
                      「資本金は?」
                      「いつから?」

                      とにかく、考えることがいっぱいありましたが、
                      一歩一歩、イメージし平成24年6月20日に会社を設立いたしました。
                      株式会社リーマとしての営業は平成24年7月21日に始めました。

                      会社名:株式会社リーマ
                      住 所:921-8806石川県野々市市三日市町108番地1
                      TEL:076-218-6969 FAX:076-287-5353

                      電話番号は今まで使っていた番号を持ってくることができました。

                      社名のリーマは「利真於勤」という近江商人の教えからいただきました。
                      「利(り)は勤(つとむ)るに於(お)いて真(しん)なり」と読んで、利益とは、流通そのものを促進することで世の中に貢献し、商人としての勤めを果たした結果、手にできるものという考え方であり、そうした利益こそ真の利益であるという意味です。
                      また、私の名前「利明」、妻の名前「真由美」の頭文字ということもあり、「株式会社リーマ」にいたしました。

                      会社の場所は、
                      石川県の金沢市の南部、金沢西インターから車で約10分の国道8号線沿いで、
                      クロネコヤマトの石川県最終出荷地まで約5分(締め時間は21時)
                      新金沢郵便局(郵便局の石川県最終出荷地)まで約7分(締め時間は20時)
                      佐川急便白山店まで約15分(締め時間は20時)

                      お客様に荷物を発送するのに便利な場所です。
                      ですから、夕方以降にご連絡いただいても事務所に在庫している浴用のタオルでしたら、

                      北は青森県から
                      本州全域、四国全域、
                      南は九州の福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、
                      佐渡島をはじめ一部の離島に翌日までに到着できます。

                      浴用タオル以外は営業倉庫に在庫がありますので、翌営業日には出荷いたします。

                      翌日までにお届けできない地域は、
                      北海道
                      宮崎県
                      鹿児島県
                      沖縄県
                      一部の離島(佐渡島・淡路島周辺の離島・紀伊半島の離島は翌日配送圏です)

                      日本中の大部分に翌日お届けできますので、タオルのことで何かありましたらご遠慮なくお問い合わせください。

                      タオルホワイトの運営が変わりましたが、私「小西利明」は変わっていません。携帯番号も変わっていません。
                      今後とも「タオルホワイト」をよろしくお願いいたします。

                      四国タオル工業組合認定タオルソムリエ(認定第0717号)
                      小西利明(こにしとしあき)090-4686-4460(docomo),080-4253-4460(softbank) 


                      search


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      topics

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 株式会社リーマ
                        去来荘
                      • 160匁の温泉用透明袋に入った白タオル【FT-954】
                        Dao Thinh

                      profile


                      profilephoto
                      小西利明(こにしとしあき)
                      タオルソムリエ(第0717号)
                      090-4686-4460(docomo)
                      080-4253-4460(SoftBank)

                      お仕事で使う業務用タオルのお問合せはお気軽に!

                      最終更新日:2015/10/21
                      トピックス:64

                      お問合せはこちら

                      業務用タオルの
                          【タオルホワイト】
                      TEL:076-218-6969
                      FAX:076-287-5353
                      Mail:info@towel-white.com
                      お仕事で使う業務用タオルのお問合せはお気軽に!
                      事務所にいないことが多いので小西利明の携帯が確実です!

                      links

                      mobile

                      qrcode

                      recommend

                      PR

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      others